雑食系男子ぶろぐ

雑食系男子がCD/PVを片っ端レビュー
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/04(日)
ブログはじめてみました。
何も決まってませんが、
マイペースにいろんなものを手広く紹介できれば
と思ってます。

よろしくお願いします。



ひと記事めは、ぼくが音楽を聴き始めるきっかけになったこのアルバムから。
記憶している限り、自分の小遣いで買った初めてのCDは
ポルノグラフィティの「サボテン」だったんですけど、その時点での最新アルバムです。
(「サボテン」は、次作の"foo?"に収録されてます)


今や国民的アーティストとして確固たる地位を築いた感のある彼らですが、
デビューアルバムの時点では 割合、尖った音楽を作ろうとしていたことが伺えます。
~百万人のために 歌われたラブソングなんかに~ とか。そんな感じで。


ただ素晴らしいのは、この時点で既に現在につながるポルノ色が出来上がっていることですね。
アキヒトの当時としても個性的な声のカラーがその最も大きな要因なのでしょうが、
ポップさを前面に押し出しながら、洋楽ロック出身らしいリフ進行をちょうど良く絡めた構成です。


また、シングルカットする曲、アルバムのアクセントにするための曲、それぞれが
素人目にも思い切り分かりやすく振り切られています。アルバムに占める曲調のバランスも良いですね。
今考えると、こういうわかりやすくパッケージされたアーティストから入ったので、
アルバム構成やらを分析したがりがちな いまのぼくができたのかなーとも思います。


このアルバムについては、シングルカットされているM3,M9はもちろんですが
現在のライブでも必要不可欠なM2,M11を推したいと思います。



M9. アポロ(New Apollo Project Version)



M11. ジレンマ
この曲は デビュー前とは歌詞が違うんですって。




1. Jazz Up
2. Century Lovers
3. ヒトリノ夜
4. ライオン
5. 憂色~Love is you
6. Heart Beat
7. マシンガントーク
8. デッサン 1
9. アポロ(New Apollo Project Version)
10. ラビュー・ラビュー
11. ジレンマ(How To Play“didgeridoo”Version)
12. リビドー
13. ロマンチスト・エゴイスト




ロマンチスト・エゴイストロマンチスト・エゴイスト
ハルイチ ポルノグラフィティ

ソニーレコード 2000-03-08
売り上げランキング : 2102

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ : CD

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 雑食系男子ぶろぐ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。