雑食系男子ぶろぐ

雑食系男子がCD/PVを片っ端レビュー
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/08(木)
最近のバンドマンは、ほとんどが奥田民生に影響を受けたことを公言している印象があります。

近年盛り上がっているのがギターロック界隈で、その周辺が出自のミュージシャンが
ピックアップされがちという側面もあるのですが。ポップスやハードロックなら違うはず。
(ギターロック≒編成にギターが含まれていれば ジャンルも何もなんでもあり)
この ジャンルがごった煮になっている現状が、まさに奥田民生が在籍していた
ユニコーンの当時のスタンスそのもののように感じます。


奥田民生の最大の魅力は、その飄々とした人柄だと思います。曲は勿論のこと。
シングルで、堂々とビートルズの有名なリフをコラージュしてみたり
超大物の井上陽水と たいした気負いも見せない風で共演・共作してみたり。

異常にフットワークが軽く、毎度毎度 次に何を見せてくれるのか分からない!
というところが 奥田民生というアーティストが支持される理由だと思います。
その生き方は「バンドは楽しいものなんだ!」ということを全力で体現しているよう。


このアルバムでも、その遊び心あふれる姿勢は顕著に現れています。
M3,M4も M7,M8も M10,M13,M14なんかもそうです。曲のセルフカバーとでも言うべきか。
勿論こういう手法は過去にも沢山あったのだろうとは思いますが、3曲にもわたって
一枚のアルバム中でこうしつこくやることに 少なくとも中学生の自分はすごく驚きました。


このアルバムでは、あえてビート重視で 曲構成を簡単にしたものを揃えたそうです。

M9. 御免ライダー



こちらは、ソロ時代では当時まであまり作っていなかった 正統派バラード。

M18. The STANDARD



1. 俺は知ってるぜ
2. まんをじして
3. 花になる
4. 花になる ~黄昏のテーマ~
5. E
6. モナムール
7. 鼻とフラワー
8. 鼻とフラワー三世
9. 御免ライダー
10. 先週の月曜日
11. みんな元気
12. 野球で言うと
13. 哀愁の金曜日
14. 来週の金曜日
15. 家に帰れば
16. CUSTOM (JPNバージョン)
17. ヘヘヘイ
18. The STANDARD
19. ドースル?

EE
奥田民生

ソニーレコード 2002-09-19
売り上げランキング : 66165

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ : CD

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 雑食系男子ぶろぐ All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。